レーシックのトラブルってケンカ:真夜中視力の低下

レーシックのトラブルってケンカ:真夜中視力の低下

レーシックにはリスクもあると言われていますが、一つのリスキーとして挙げられるのが真夜中視力のマイナスだ。

人間の視線は夜間になると光を得ようと黒目を大きくする気質がありますが、しかしながらレーシックで直した幅を超えて仕舞う事によって思うように光を得られなくなってしまう。

中には真夜中視力のマイナスの疾患が顕著であり、夜間になると走行がし難い、そして走行用のメガネが必要なケースもあるのです。

レーシック体験談

但し、こういった疾患には個人差がありますし、レーシックを受けた以後も随分この疾患が見られないについての方が多いとされています。

無事故と言われているレーシックなだけにこういった実例が登場すると一際凄まじく取沙汰向かう事がありますが、じつはマイノリティなケースでもあるのです。

確かにこういったリスキーを知っておく事は非常に要と言えますが、リスキーばかりに考えを取られ、レーシックを敬遠するような必要もないのではないでしょうか。

レーシック体験談ブログ
星空がキレイに見える:レーシック体験談

▲ページトップに戻る