毎月訪れる辛〜いPMS!その要素と様相を相殺させるための5つの対策

生理前にジリジリしたりボディーが悪くなるなど問題を感じることがあり、これらの事象はPMSと言います。
PMSは、体調と精神的な事象があります。体調にはミルクの張りや痛み、腹痛や腰痛、眠気、食欲が増すなどで、精神的にはジリジリやメランコリー感などです。
PMSの原因は、メンス巡回によってあらわれる結果、ホルモンと脳時物の変調に関係しています。排卵が終わってからメンスが始まるまでの約2ウィークにプロゲステロンという妻ホルモンが上がる結果PMSが起きます。またセロトニンの失速が精神的な統制ができなくなり、精神的に不安定な状態になるのです。
PMSを解離させるためには、事象が出やすい生理前の2ウィークの間は切歯扼腕を溜めずに話すことが大切で、小気味よい動作やストレッチング、連日入浴する、ハーブティを呑む、日射しを浴びる、サプリメントを摂取する施術などがあります。
小気味よい運動をすることは血流が良くなり、頭痛や腹痛などの体の問題が緩和されます。また、入浴も38?40たび程度のぬるめのお湯にじっくり浸かる結果、体の疲れが取れるだけではなく、リフレッシュできます。入浴剤などを来れるとフィーリングも気晴らしできます。日射しを浴びることは幸せを感じるセロトニンが掛かることにつながり、精神的に安らぎ、ジリジリも少なくなることが期待できます。

▲ページトップに戻る