妊娠中の抜け毛

by ikumo .

妊娠中の抜け毛 女性用育毛剤

妊娠中の抜け毛を予防する食性格
女性がお腹に赤ちゃんを身ごもると、抜け毛が多くなるといわれています。

なぜならば、妊娠中は体内でプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が活発になるからです。

このプロゲステロンは、赤ちゃんのための栄養分や水分を体内に貯蔵する作用があります。

このプロゲステロンが増加すると、ヘアサイクルが乱れてしまうことで抜け毛が多くなります。

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんに髪のための栄養分が吸収されていきます。なので、髪の育毛に届けられずに髪が抜けやすくなります。

このような妊娠中の抜け毛を防ぐには、食生活に気を配る必要があります。

3食バランスよく食べるのはもちろんですが、積極的に摂った方が良い栄養素がたんぱく質です。

というのは、そもそも毛髪はケラチンと言うタンパク質からできているからです。よって、大豆、肉や魚、たまごを摂取すると良いです。

特に大豆製品は効率よく体内で吸収されますから、納豆や豆腐は欠かさず食べたほうがいいです。

また、タンパク質は魚介類などのビタミンB6がないと代謝ができません。なので、これらの食品も積極的に摂ってください。

妊娠中の抜け毛に対する育毛剤の使用について

妊娠中には、抜け毛に悩む女性が多くいます。

というのも、妊娠時の体内ではプロゲステロンという黄体ホルモンが盛んに分泌されるからです。

このプロゲステロンは急激に増えすぎてしまうと、髪が急成長してしまうケースが多いです。

よって、ヘアサイクルが乱れ、髪の毛が抜けるまでの期間が短くなることで抜け毛が増えます。

また、妊娠中は胎児に優先的に栄養が届けられるので、髪の毛に栄養が届きにくく、抜け毛が出やすくなります。

このような抜け毛に有効的なのが、育毛剤といわれています。ですが、子供がお腹にいるときは注意が必要です。

というのは、育毛剤によっては胎児に悪影響を与える場合があるからです。たとえば、ミノキシジルやプロペシアなどの化学成分が含まれている場合は決して使用しないほうがいいです。

この成分が血液を通じて赤ちゃんに取り入れられると、胎児のホルモンに悪影響を与えてしまう可能性が高まるからです。

子供がお腹にいる時は、必ず化学成分を一切含まれていない完全無添加の自然派育毛剤を使うようにして下さい。