債務調整という建物分割払いに関して

借り入れの返納がつらくなったため債務取りまとめに頼るお客が少なくありませんが、給与が無いために返納が困難な場合は「破綻」を選択するしかありません。ただ、安定した給与があり、借り入れを大幅に減額してもらうため返納を継続できるのであれば、「人快復」という債務取りまとめが可能になります。

人快復の最も大きな自慢は、わが家割賦の残債があってもわが家を突き止められないことです。その代わり、わが家割賦は債務取りまとめの標的からずれる結果、減少が行われません。よって、残債はそのままの売り値で返納を続けなければなりません。

借金返済

そうして、わが家割賦以外の債務額面を規定の最小弁済額(債務額面の5分の1〜10分の1)まで減額してもらい、その売り値を3年間で返納します。

但し、人快復には「支払役割補充の原則」というものがあり、所有している私財の現在の役割が最小弁済額を上回る場合は、上回った売り値分け前を弁済額に加えなければなりません。そのため、わが家の現在の見積もりがわが家割賦の残債から大幅に切り抜ける場合は、わが家を手放さざるを得なくなることもあります。

借金の返済方法@借金返済の悩みQ&A
公式サイトで借金返済のためのテクニックを発表