家庭教師の悩み(個人)

家庭教師 体験

家庭教師の質問や悩みは、いろいろあると思います。

まず、
誰にお願いしていいのか?
どこにお願いしていいのか?

また、家庭教師を雇っている方でも
相性が合わない。
なかなか成績が上がらない。
など、いろいろな悩みがあるかと思います。

では、簡単に家庭教師の種類を紹介しましょう。
大きく分けて3つになります。

  • 1つ目が、個人契約の家庭教師
  • 2つ目が、派遣会社の学生の家庭教師
  • 3つ目が、派遣会社のプロの家庭教師

です。

家庭教師

各々メリットとデメリットがあります。
個人契約の家庭教師は、コスト面で一番安い反面、保証や経験、受験対策に関しては、あたりはずれがあります。
派遣会社の学生の家庭教師は、一般的に多く使われている家庭教師で、派遣会社が一様のノウハウ、マニュアルを持っているため、勉強以外の受験対策にも対応しています。また、先生と生徒の年齢が近いため、なじみやすいという点もあります。また、相性があわない場合の変更等も可能です。
派遣会社のプロの家庭教師は、難解な受験を目指す人用ともいえるでしょう。プロとして生活している以上、実績が重視され、バイト感覚の学生の家庭教師とは気合も違います。コストは勿論、かかります。

各々、良し悪しはあります。
これから、家庭教師をお考えの人、また、今、家庭教師を雇っているけど、今のところでいいのか?とおもっている人も含めて、では、どうすればいいでしょう?
ということになるわけです。

答えは簡単です。
無料体験で、たくさんの先生や家庭教師センターを試せはいいのです。
試すことで、いろいろなことがわかってくるでしょう。

無料体験、無料体験学習を通して、親御さんとしての目線、お子さんとしての目線、各々から検討していけばいいのです。

家庭教師選び方

また、最近だと、タブレットでの学習もはやっていますね。
オンラインでつながっているので、

  • 理解できているところ
  • 苦手な箇所
  • 進み方のチェック

することで、より質の高い勉強ができるということですね。

タブレット学習の場合、家庭教師と違い、東京大学・東大の優秀な学生が1人でも複数の子供を面倒みることができるので、
先生の質を担保することも可能です。
また、料金的にも、家庭教師の10分の1程度の金額なので親御さんにとってうれしいかもしれないですね。

たとえば

タブレット算数として最近人気の【RISU算数】ですが、
タブレット学習+東大生らの個別塾としておすすめしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です